【手付金失敗談②】相場を調べずトラブルに……

a0002_006849
物件探しを熱心にしてくれる不動産業者だと、つい信頼しすぎちゃうこともありますよね。でも大切な物件・手付金が絡むことですから、知識は自分でも学んでおいたほうがよいでしょう。
今回は不動産業者を信頼しすぎたために起こったトラブルをご紹介します。

手付金の相場を調べずトラブルに発展!

指定された手付金の額が相場の倍!?

お世話になっていた不動産業者の感じがとてもよく、契約することにしました。
物件を探すときにも熱心で過度な信頼をしてしまったんです……。
そして手付金を支払うときになって「手付金は◯◯万円で!」と言われ、「手付金ってこんなにとられるんだ?」と思いながらも素直に支払ってしまいました。
後日手付金の相場を調べてみると、なんとわたしが支払った額の半分だったんです。
不動産業者に「手付金が高すぎる」と掛け合っても、「ちゃんと代金をすべて払ってくれれば返還されます」という言葉のみ。
それ以来、信頼していたはずの不動産業者に不信感しか持てなくなりました。

相場の確認は怠らないで!

この場合は不動産業者だけでなく買い手側のリサーチ不足も問題の一因になるでしょう。
親切だからといって不動産業者の言葉をすべて鵜呑みにせず、自分でも知識を蓄えて損をしないよう心がけなけばいけません。
相場の確認をしてから不動産業者と話し合いを進めましょう。

まとめ

手付金の相場を把握しておくだけで、不動産業者とのトラブルを回避できる可能性が高くなります。
安すぎてもだめ・高すぎてもだめ自分に言い聞かせて、損をしないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする