手付金の相場よりも安いときの理由

a0006_002418
手付金の相場は一般的に物件の10%または100万円とされています。しかしこの相場よりも安い額が提示される場合が多々あることをご存知ですか?
「手付金は相場よりも安くても高くても危険」とよく聞きますが、相場よりも安い場合はどんなケースなのかチェックしてみましょう。

手付金が相場よりも安いケースとは

不動産物件が高いから手付金は安く!

不動産物件の価格が高すぎる場合、手付金が相場より安くなることがあります。例えば物件が5,000万円だとすると手付金は500万円。
500万円の大金を契約締結の証として支払うのはあまり現実的ではありませんよね。また将来的には5,000万円の物件を買えるプランが立てられたとしても、今現在500万円支払える人は多くないかもしれません。
この場合は売主側と話し合って手付金の相場を低くしてもらうことになるでしょう。もちろん簡単に契約解除ができない程度の額が指定されることになります。

不動産物件が安いから手付金も安く!

価格の安い不動産物件を購入する人は現時点では現金を持ち合わせていないということが多いようです。
そのため売主側と話し合い、手付金が効力を失わない程度の額を決定するのです。
以前は安い物件を安い手付金で済ますという契約は珍しかったのですが、最近では徐々に増えてきています。
しかし金額が低くなるほど契約解除もしやすくなるので、不動産業者との連絡を怠らないようにしなければいけません。

手付金の額を交渉するには

「手付金の額を下げてほしい」とお願いするのは少々恥ずかしいかもしれません。しかしこの交渉をしている人は案外多いので思い切って頭を下げてみるといいでしょう。
そのときには売り手側に見栄を張らずにお願いしましょう。
もし手付金の額が低くてもローン審査に受かっていたり、これからの支払いプランが出来ていたりすれば物件は購入できるはずです。
「自分が用意できる手付金は◯◯円です」ということを正直に伝えることで交渉に応じてくれる不動産業者も出てくると思います。

まとめ

手付金の一般的な相場は決まっていますが、必ずしもすべての契約に適応されるわけではありません。しかし手付金の相場を知っておけばいくらくらいであれば安くしてもらえるのかなどを把握できます。
また手付金の交渉をする際には見栄を張らずに今の状況を伝えることが重要です。不動産業者も人間なので素直に話してくれる人のほうが信頼できますよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする